伊勢おはらい町 PHOTO BOOK

いわしのかんぴんたん

b0177262_23464518.jpg

三重県の方言に「かんぴんたん」というのがある。
「干からびてる」という意味だ。

たとえば車に轢かれてぺしゃんこになったカエルが、何日も太陽に照らされて道路で干からびてしまったものは「カエルのかんぴんたん」である。
例えが子供っぽくて申し訳ない…。

自分の使っている言葉がまさかその地方でしか使われない方言であると知らずに使っていることはよくある。
僕も「かんぴんたん」は日本全国で普通に使っている言葉だと思っていた。
学生時代東京で普通に使って大笑いされた思い出がある。

さらに志摩地方では「だるまさんがころんだ」と言うかわりに「いわしのかんぴんたん」と言うらしい。
これは志摩出身の僕の妻の証言なので信憑性がある。
子供たちが自分の腕に目を押しつけて「いわしのかんぴんたん」と叫ぶ様子を想像すると少し笑える。

とはいえ「だるまさんがころんだ」は全国津々浦々で言い方が違うらしい。
ちなみに僕らが子供のころ伊勢地方ではこう言っていた。



「インディアンのくろんぼ」


インディアンに怒られそうだ。


K-7 + FA43mmF1.9 Limited

人気ブログランキングへ 040.gif ブログランキングに参加しています。 1クリックしていただくと励みになります。
by sakura1733 | 2010-02-18 00:19 | おはらい町