伊勢おはらい町 PHOTO BOOK

by bus

b0177262_20521023.jpg

三重県民の足、三重交通バス。
通称「三交バス」。




僕がひとりでバスに乗れるようになったのは小学校4年生くらいだと記憶している。
毎週ある習い事に行くためにバスを使っていた。
それから高校を卒業するまで、三交バスにはずいぶんお世話になった。

先日久しぶりに伊勢市駅まで市内バスに乗った。
懐かしい。

バスの後方扉から乗り込むときに取る小さな整理券。
そこに印刷された滲んだインクの数字。
子供のころ誰よりも早く押したかった押しボタン。
今でも一度開けてみたいと思っている非常扉。
妙に窮屈なタイヤの上の座席。
反応が遅い両替機。
40年前と全く変わらないバス停の場所と名前。
そうそう「三条前」の次は「中之町」だ。

そしてバスは普通車でも対向が難しい狭い旧街道を家々の軒をかすめながら走り抜けた。


伊勢市駅でバスを降りる時、子供のころのように運転士さんに「ありがとう」と言おうかと一瞬迷った。
しかしそれは言えなかった。

ここ数十年で僕の周りのモノが変わったのではなく、僕が変わったのだと改めて気付く。

「ありがとう」と言えばよかった。


b0177262_21195359.jpg


人気ブログランキングへ 040.gif ブログランキングに参加しています。 1クリックしていただくと励みになります。
by sakura1733 | 2010-03-26 21:24 | おはらい町