伊勢おはらい町 PHOTO BOOK

ラーメン一杯


b0177262_22243526.jpg



僕が麺好きなのは前にも書いた。
一週間のうち6日は麺を食う。
細くて長いものなら何でもOK。

しかしラーメンは別格だ。
6日のうち4日はラーメンだろう。
他の麺類と比べて喰らう頻度が明らかに違う。
麺界の王と呼んでもいい。

ただしラーメンと言ってもその種類は多い。
行列ができる超人気ラーメン店の「どうだまいったか」的なラーメンももちろん旨いが、
短い昼休みに慌てて作って一気に食べる「サッポロ一番塩ラーメン」もまたいい。
僕はラーメンに対して節操がない。
それが自慢でもある。


写真はおはらい町の「ラーメン市丸」のラーメン。
左奥にわずかに見える小鉢の中には追加のだし汁が入っている。
店員のおねぇさんがラーメンを運んでくるとすかさず「半分くらい食べ終わったところでだし汁を入れてみてください」との指示がある。

ところが食べ進めると、毎回この「半分」の見極めに大いに悩む。
スープが半分なのだろうか、はたまた麺か?
スープだとすればどんぶりのどのラインに達した段階が半分なのか?

悩みに悩んだ末にこれくらいだろうと判断し、意を決して追加のだし汁を入れながらも
「俺は今、とんでもない過ちを犯しているのではないだろうか?」との自己懐疑を繰り返す。


まぁ、こういう人生の岐路に立ったかのような決断を男らしく行った後(ちっとも男らしくないが)、このだし汁を投入するとあら不思議。
ラーメンが生まれ変わる。
そして生まれ変わった半分のラーメンをスープの一滴まで残さず一気に食す。

一粒で二度おいしい、いや一杯で二度おいしい。
とてもずるいラーメンだ。
一度ご賞味あれ。
きっと店主の策略にハマることになる。


あーこんな夜中にラーメンのこと書かなきゃよかった。
腹減ったぁ。
「出前一丁」でも食うかな。

K-7 + FA43

人気ブログランキングへ 040.gif ブログランキングに参加しています。 1クリックしていただくと励みになります。
by sakura1733 | 2010-05-17 23:20 | おはらい町