伊勢おはらい町 PHOTO BOOK

full cast

b0177262_22481386.jpg


パールピンクに輝く魚体。
スレンダーなボディー。
上品なおちょぼ口。
クリクリのつぶらな瞳。

シロギスはまさに「海の妖精」である。

先日の午後、今年初めて投げ釣りの竿を出してみた。
場所は鳥羽。
訳あって詳しい場所は書けないが毎年この時期に大型のシロギスの実績がある。

今年は決して大型とは言えないサイズだったが、中型の数を揃えることができた。
約2時間程度の短い釣りだったが夕食のテーブルを飾るのには十分だった。


投げ釣りは楽しい。
海に向かって仕掛けを思いっきり投げ込む。
糸ふけを取り、ゆっくりとリーリング。
すると突然100m以上離れた海底から釣り糸を通じ、ブルルンという魚信が竿に伝わる。
その魚信に驚き、自分の読みが当たっていたことを素直に喜ぶ。

静と動のコントラストが楽しい釣りだ。
とはいえ僕にとって楽しくない釣りなど存在しないのだが…。

K-7 + 272E


人気ブログランキングへ 040.gif ブログランキングに参加しています。 1クリックしていただくと励みになります。
by sakura1733 | 2010-05-18 23:21 | my home