伊勢おはらい町 PHOTO BOOK

Ganges



b0177262_2171178.jpg




1983年7月

バラナシへの旅の目的はガンガー(ガンジス川)で泳ぐことだった

ホテルに落ち着いた僕は、翌日の沐浴に備え髪を切ろうと思い立った
もちろん僕はヒンズー教徒ではないし、ガンガーで罪やけがれを落とそうとも思わなかった
ただ、この機会に坊主刈りにし、とにかくさっぱりしたかった

宿で近くの床屋を教えてもらい訪ねてみる
床屋のオヤジはふらりと現れた日本の薄汚い青年に警戒しながらも「椅子に座れ」と顎で示した
そしてあきらかにビール瓶を改良したと思われる水入れから僕の頭に大量の水をかけだした

僕はとにかく短く切ってくれとオーダーした
ところがインドの散髪屋には坊主刈りというメニューがないらしく中途半端に短く切る
僕はバリカンを使うジェスチャーをしながら「more short! more short!」と意味不明な英語を並べ立てた

30分後
僕は見事な虎刈り頭にされてしまう
長さも不揃いでカッコ悪いこと甚だしい
これで終わりかと問い詰める僕に、床屋のオヤジは事も無げにこう言った

No Problem


インドではこの「No Problem」を日に何度も聞くことになる
宿屋で、食堂で、駅で、みやげ物屋で、そして床屋で

彼らは「No Problem」を多用し相手を煙に巻く
こっちにとっては問題だらけなのだが…



そして僕は翌日、無事沐浴をすることができた
雨季で水量の増えたガンガーは茶色く濁り、あちこちにゴミが浮いている
右隣ではインド人の家族連れが沐浴をしており、左隣では牛が水浴びをしていた

そんな状況の中、思い切って川に入ってみる
水は予想以上に冷たかった
流れは急であまり沖に泳いでいくと流されそうだった

水からあがると隣の家族連れから声を掛けられた
「ガンガーはどうだ?」

nice river

僕は訳のわからぬ返事をして、だらしなく曖昧に笑うだけだった



人気ブログランキングへ 040.gif ブログランキングに参加しています。 1クリックしていただくと励みになります
by sakura1733 | 2011-06-30 21:11 | おはらい町