伊勢おはらい町 PHOTO BOOK

hungry?

b0177262_23485086.jpg




きょうの晩飯は訳あって遅い時間に一人「あじへい」でラーメン

僕にやや遅れてひとりの初老のおっちゃんが入店
僕の斜め前の席に陣取るとメニューも見ずにオーダーした

「中華飯とチャーハン!」

店の女の子が怪訝そうな顔で注文を繰り返すと「それでいい」という風に黙ってうなずく


さあ大変
自分のラーメンなど味わっている場合ではない
その瞬間から僕の五感はこのおっちゃんに集中する

おっちゃんはチャーハンと何かを間違えたのだ
きっとギョーザに違いない
ホントは「中華飯とギョーザ!」と言いたかったに違いない


ああ、なんという悲劇だ
しかし今ならまだ間に合う
後ろから肩をたたいて「本当はギョーザですよね」と言いたい
ああ言いたい

しかしそんなことをしたら、彼のプライドを傷つけまいか?
賑わうラーメン屋の公衆の面前で彼の自尊心が崩れ去りはしないか?


やがておっちゃんの前に中華飯が登場する
彼はスポーツ新聞の競馬欄を熱心に眺めながら片手で器用にレンゲを使い中華飯を食べだした

そしてついにチャーハン登場!

しかし彼に動揺する気配はない
それどころかその浅黒い顔に不敵な笑みさえ浮かべている


「単なる米好きの大喰らいのおっちゃんやないか!」

僕は完食した中華飯の皿を脇にどけ、チャーハンの山をレンゲで崩しにかかるおっちゃんの姿を目の端で確認しながら「あじへい」を後にした


僕の常識はまだまだ狭い


K5 + FA77


人気ブログランキングへ 040.gif ブログランキングに参加しています。 1クリックしていただくと励みになります。
by sakura1733 | 2013-03-29 23:51 | おはらい町